mountainpeace7’s blog

「コンプレックスは財産だ」をモットーに体験談や克服法を中心に書いています!

映画「ボヘミアンラプソディ」QUEEN好きの私には最高でした!


 

www.foxmovies-jp.com

 人気の映画、「ボヘミアンラプソディ」を観てきました!

高校生時代、ロックを中心にありとあらゆる音楽にハマり、「インプット」だけは大量にしてました(^^)

知り合いの勧めて、「ボヘミアンラプソディ」は観たほうが良いと言われ、観てきました!  

ボヘミアンラプソディ」感動しました。エンドロールを観ているとき、大粒の涙が出てきて、止まらなくなりました。

ボヘミアンラプソディ」を観て、涙が溢れてきた理由をまとめてみました。

【この記事の目次】

1 暗かった高校生時代 QUEENは希望と勇気を与えてくれた

2 孤独と戦ったフレディマーキュリー、心から「ありがとう」が溢れてきた

3 最後に

4 QUEENをあまり知らない音楽好きな方へ QUEENのベスト10を扱った記事を紹介

【1 暗かった高校生時代 QUEENは希望と勇気を与えてくれた】

 暗かった私の高校生時代。中学生でいじめられたことをきっかけに、暗くなり、周りとのコミュニケーションを拒絶して、高校では、授業をサボりがちになり、家では親に反抗して、今思えば行き場のないストレスが解消されず、家族や授業をサボるなどの形で解消先を探して苦しんでいました。

もの凄い孤独感。

将来に希望も見出だせず、虚無感を感じる毎日を過ごしてました(^^)

そんな時、私を歌で救ってくれたのがQUEEN

we will rock you」に見られる格好良いリズム感。

ボヘミアンラプソディ」に見られるロックンロール&オペラを融合した、芸術性の高い楽曲。

どの曲も暗く、ストレスフルだった自分に、希望と勇気を与えてくれました。

まず歌で希望と勇気を与えてくれたQUEEN、フレディマーキュリーに「ありがとう」との想いがエンドロールで溢れてきました。

フレディマーキュリー、そしてQUEEN、ありがとう。

2 孤独と戦ったフレディマーキュリー、心から「ありがとう」が溢れてきた 

ボヘミアンラプソディ」や「we will rock you」など、QUEENの曲、翻訳をじっくり読むと、割と激しく(^_^;)放送ギリギリの歌詞がありましたね。翻訳あまり知らなかったので(^_^;)

また、メンバー間のコミュニケーションも、割とマーキュリーのリーダーシップが強烈で、周りのメンバーは大変だったかもな、と映画で始めて知りました(^_^;)いや、QUEENは本当よく聴いてたんです、すみません。

でも、インド系の顔立ちや(本人はそれをコンプレックスと捉えていた)、バイセクシャルや、エイズなど、人に言えず抱えていたコンプレックスも影響して孤独だったマーキュリー。でも彼が歌ったことで、多くの人に影響を与えた。

エンドロール前の、アフリカへのチャリティーコンサート。QUEENの曲を大勢の観衆がQUEENの曲を歌って熱狂した。

「マーキュリー、良かったね。」「多くの人にマーキュリー、QUEENの歌が届いて良かったね」とマーキュリーに共感が湧きました。

【3 最後に】

自分も含め、多くの人に楽曲で希望や勇気を与えてくれたフレディマーキュリー。「ありがとう」本当に心の底から彼、またQUEENへの感謝の気持ちが溢れてきました。そんな想いが溢れた映画でした。 

【4 QUEENをあまり知らない音楽好きな方へ QUEENのベスト10を扱った記事を紹介】

良い記事でした(^^)

report-newage.com