mountainpeace7’s blog

「コンプレックスは財産だ」をモットーに体験談や克服法を中心に書いています!

「日経トレンディ ヒット予測100」を読んで私が気になったオススメ記事の紹介 前編

 

日経トレンディ 2018年 12 月号

日経トレンディ 2018年 12 月号

 

 今回は日経トレンディ「2019 ヒット予測100」を読んで、気になったオススメ記事を書いていきたいと思います!

【記事の目次】

1 日仏 激安&高機能カジュアル「デカトロン&ワークマンプラス」

2 超速手ぶらコンビニ 「日本版アマゾンGO」

3 新世代アニメラップ「ヒプノシスマイク」

【1 日仏 激安&高機能カジュアル「デカトロン&ワークマンプラス」】

www.ryutsuu.biz

日経トレンディ2019ヒット予測 第1位がこちら。「デカトロン&ワークマンプラス」

2018年9月末に立川にオープンした、作業服専門店「ワークマン」の新業態、「ワークマンプラス」。機能性のあるカジュアル服がお安く手に入る。アウトドアウェアとしても使える高機能ウェアが低価格で手に入るのが「売り」です。

私の勤務先でもオープン時話題となりました。立川まで行くのが少し遠いため、まだ行けてませんでした。 先日同僚がワークマンプラスに行ってきたと教えてくれました。そのときに買ったズボンや手袋を見せてくれました。

すごく話題になっているので、出来たら12月中に予定を立てて行きたいと思います(^^)  

また「デカトロン」は、フランス生まれで、世界に1500店を展開するスポーツ用品店。世界最大のスポーツ用品メーカーだと言われています。

こちらもスポーツ用品が高機能かつ低価格商品。2019年春に兵庫県に第1号店が出店予定です(^^)ワークマンプラスからすると、「デカトロン」は強烈なライバルとのこと。

両者が日本市場に誕生することで、低価格で高機能のスポーツ、アウトドアの巨大市場の誕生が、2019年の大きな話題となる予測だとのことです。

 

【2 超速手ぶらコンビニ 「日本版アマゾンGO」】

japanese.engadget.com

 お次はこちら。日経トレンディヒット予測第4位「日本版アマゾンGO」。最近テレビのニュースで、無人コンビニが実証実験のみかもしれませんが造られたと聞きました!お客さんは専用アプリを使って、店舗内では買う商品をカバンの中へ。お店を出るとアプリが反応するので、会計の必要はなし。盗難防止策として、何十台と防犯カメラを設置していると紹介されてました。

記事の情報ですと、「サインポストは2017年11月にJR大宮駅で、2018年にはJR赤羽駅で、実証実験を行った」とあります。

最近体験したものですと、駅中でコンビニ「NEWDAYS」に場所によってはセルフコンビニがあり、体験しました。また、「良いな」と感じたのは、定食チェーンの「大戸屋」が私の行ったお店では、座席、デスクに「タッチパネル」が用意されていて、店員さんは、席へ誘導してくれるのと、お冷やメニューを運ぶかたち。食事の注文は、「タッチパネル」で全て行いました。

これって、お客様と店員さんwin✕winだと感じました。これから働き手が減少するなかで、店員さんはより困っている人への対応や、全体を見渡す管理、余裕をもったサービスなど、そちらに時間を充てられるようになる可能性高いと思います。

無人コンビニ」も怖がらずに、AI、人工知能が発展すれば、逆に人間やその人にしか出来ないサービスが必要となってくるので、積極的に新しい流れとして関わって行きたいと思いました。

 

【3 新世代アニメラップ「ヒプノシスマイク」】

hypnosismic.com

お次はこれ。日経トレンディヒット予測第5位の「ヒプノシスマイク」。

恥ずかしながら初めてしらましたが、かなり音楽好きの私には「好きなジャンル」でした (^^)

 


ヒプノシスマイク Division All Stars「ヒプノシスマイク -Division Battle Anthem-」

 真面目気質な私にとっては激しい言葉が連発してますが(^_^;)

ノリのいいナイスなリズムと、言葉遣いが大変上手い歌詞。それを人気声優さん12人が格好良く歌うのが人気なのだと思います(^^)

わかる気がする。

2019年のヒット予測第5位なのですね。楽しみです!